.

.

2019-12月

——

山の選定で

頂いてきた枝

.

2020-4月

——

あの時は

ちいさな蕾

.

奥まった

小さな空間で

ひっそりと時を過ごし

日日すこしずつ

仄かな桃色の蕾が

膨らんでいます

.

ふとした時に

この子たちに目をやると

驚きと心のなにかにも

また彩りを添えてもらって

いるようです

.

お山にいる

この子たちの

木は満開✴︎

.

其々の処で

其々、よきように

芽吹いてます

.

そんなことを記している間に

「筍掘ったよ!要るならおいで✴︎」

.

今日も佳き1日を

.

琳瑚 きょうの一枚

.

.

“ 休 ”

.

.

.

木の側に居て人のカラダを委ねることで

人のカラダの内側から、溢れたひかりの粒子が

カラダの外側も覆い尽くす

.

それにより

木も、根や枝葉を伸ばす

.

私たちは、相互関係

.

.

「繕います」

..

裏から織ると

穴の空いた隙間から格子状の糸が覗く

.

布も一緒に織ると

刺し子の様な糸の

針跡も残る

.

表で織るのもよい

.

どの様な表情の

衣に育てていくかで

変化するお繕い

.

.

使い込めば使い込むほどに

人の手が加われば加わるほどに

大切にされ、

形が変わっても

次の世代に受け継がれていくように

.

繕うことで、

大切な衣がまた蘇り

日日の活躍する

一枚になれば嬉しい

.

わたしたちの目の前に現れている

モノやコトは

大切な想いと共に

寄り添って、育んでいます

溶け合って調和する営みを

.

.

穴があいたり擦り切れた服や布たち

.

大切なものだからこそ、すてれない

.

そんなものたちを繕います

.

.

お繕いもお受けしています✴︎

.

.

3/12 ・4/6 ・5/1・6/9

at yumahare(高知)

.

.

詳細▶︎

.

.

.

.

般若心経

.

ぽつぽつと

書ける時間があることが

嬉しい

.

続けると筆が立つ

.

集中していたり

途切れたり

.

好きな字も

中心がズレている字も

あったりなかったり

.

.

上手い下手は関係なく

書が好きです

.

.

為 愛

.

.

今の入り口

.

.

藍 と ◯

.

蒅 / 粉末 / 種

.

.

広い畑

草刈りをしてくださったお隣さん

.

感謝でいっぱい

.

其々のできること

自立しながら手をとりあって

助け合えば豊かな

可能性がたくさんひろがります

.

藍の種を今年はたくさん蒔けそう

.

藍の甕が

集落にひとつあって

染めたい時に

染めに来て

其々が皆で甕をのぞく

.

愛と信頼で成り立つ行為

.

夢のひとつ

.

今日も佳き1日を!

.

.

暮らしの中の“あお”

.

お日様の隠れている日は

ストーブを焚いて

その横で、植物たちを

乾燥させます

..

藍の葉

.

乾燥させて粉々に

.

.

ひとつずつ

自分の中で

佳き時に

佳き様に

やってみる

.

今の入り口

..

藍 と ◯

.

蒅 / 粉末 / 種

.

神戸で作った蒅も今年

建てれそうです!

いよいよ!

.

.

広い畑

草刈りをしてくださったお隣さん

.

感謝でいっぱい

.其々のできること

自立しながら手をとりあって

助け合えば豊かな

可能性がたくさんひろがります

.

藍の種を今年はたくさん蒔けそう

.

藍の甕が

集落にひとつあって

染めたい時に

染めに来て

其々が皆で甕をのぞく

.

愛と信頼で成り立つ行為

.

夢のひとつ