.

.

.

秋の澄んだ空気に漂う

あの、柔らかな鼻の頭に残る香り

.

金木犀の木をみると

ちいさな蕾たちが連なっています

.

金木犀の咲く時期はよく

雨が降る

.

そしてあれよあれよと散っていく

.

繊細で美しくて健気で大好きな植物です

.

ちいさな粒たちは

みるみるうちに膨らみ

そのひとつひとつの

蕾の中に詰まっている香りを放つ

.

今朝は雨降りなのもあり

蜂たちも

金木犀の木の下で

彼女たちの開花を待っていました

.

わたしは、側でそぉっと蕾たちを摘ませていただき

蜂蜜に漬け込むのでした

.

年に一度のおたのしみです

.

Share on Facebook