身体の中の水を流れてる水からみる

 

 

日日のんでいる
水の源流を知りたいと
思って沢へ
.
ふと、
わたしの身体は
このお水でできているから
石を少し動かしたりして
この沢の流れを整えたら
身体の流れも
整うのではと観察しながら登ってみています
.
毎日、沢へ入ってはすこし登り。。。
を繰り返し、
なかなか源流には辿り着きません
.

たまっている所の水を流したいとき、
簡単に動く石から移動させていきます
.
小さな石を移動させるだけで水の流れが変わります
(本当は、私が沢の中を歩くだけでも!)
.
小さな石を移動させると、間にいた細かい砂利たちも一緒に流れていきます
.
そうすると、大きくて動かなさそうだった石の間に挟まっていた砂利たちも
流されてぐらりと動きます
.
ザァー!!!
っと、勢い佳く流れて、また他の石や砂たちとぶつかって
他の場所にとどまったり、流れていったりしていきます
.
外の世界で見えていることなんだけど、
自分のからだのなかでおこっていることと全く同じなのね
.
きっと識っていることなんだけど、
それをいつだって体感してカラダで感じることで
カラダに響く
.
頭をつかって理解してることにすぐ、なるから
.
カラダが体感するってとっても尊い
.
.
水に浸かってるけど、手足は石でマッサージをされて身体はほかほか
.
暑くなったら、汗を流すのに、ちいさな沢へいき、石を動かして遊ぶのが好き
(夏休みの少年!っと自分に突っ込みたくなることもある。笑)
.
氣が、そちらに向けばまた、沢の水源へ
.
ふと思ったけど、地球はだいたい水でできていますから
どこも源なのかもしれない
.
この夏、どのような沢との関わりが育まれていくのかとってもたのしみです
.
.
それから、人が暮らすにはどのくらいの水があれば過ごせるのかということにも
想いを馳せています
.
一年を通して、表面には水が少ないこともあって。。。
.
.
.
夏にこちらに来られる方と一緒にこの体感できたらいいな
.
暗くなり降りる前に
山の民のこどもに遭遇しました
.
逃げずにこっちを覗き込んでたよ
.
.
Share on Facebook