9月の予定✴︎

外に設けた空間に、余っていた蚊帳の生地を手縫でつなぎ合わせました 昨日の空の色のようです

 

.

ふわりと流れてくる風がすこし、冷たい

.光の中にも、季節のにおいを感じる
.
.
季節が巡った
.
それぞれの居場所をしって
それぞれを感じるとき、みんなにあいさつをする
.
居場所をしったけど、
一巡り前の時とはちがう
次の一巡りもまたちがう
.
.
それがとても愛おしい
.
.
.
——-
.
”ここにあること”からひとつひとつ、創造していければ
自分の内側に芽生えた小さな光は灯り続けます
.
ひとりひとり、価値観はちがうから、
私のなかの小さな光は私にしか見えないかもしれない
でも、ほんの微かでもこの光が美しいと共に感じ合えたら最高だなぁと
思っていました
.
そして、日日の暮らしの中にこそ、光がたくさん灯っていたら
ほかのさまざまなどんなことにも光を感じれるなと
.
そんなこんなで、本当に、暮らしのひとつぶひとつぶを感じながら
暮らすことは、わたしにとってとても大切で豊かな時間です
.
——-
.
ちいさなちいさな悦びと
穏やかな時間が幾重にも重なって
.
とても私は満たされていて
ほんとうにすべてと一緒になって
解けて消えてしまいそうな日日を紡いでいます
.
.
おっとっと!
.
ゆとりが出てきたという事ですね!
.
.
そんななかでも、
愛おしき方たちが
声をかけて下さって
.
..
9月は、私のカラダは四万十に
.
悦びがカラダを飛び出してカタチになったモノゴトが、
宮城県石巻市の日和スタイルさんの空間で展示が本日からはじまります
.
.
この展示は、わたしの原点であり、今までの総集編
.暮らしの中で大切にしてきていることを、”衣”を通じて展示して頂きます
.
.
* もうひとつ *
.
.
つくも窯の十場あすかさんの作品に草を編ませて頂きました
.
 以前の記事をどうぞ▶︎  十場あすかの土瓶
.
4人の子育てをしつつ、昨年10年ぶり?に陶作を始められたそうで
愛に溢れる彼女の作る器をここでの暮らしにと昨年白い器たちを購入して
日日を共にしています
.
そんな彼女の作品に共にさせて頂く事はとてもとても嬉しく思います
.
.
.
東京での展示がはじまります
きっときっと、素敵なモノや人たちがたくさん集うのでしょうねぇ
.
.
籠る時間が楽しくて、ふときづけば
わたしは、外への出て行き方がわからなくなっていました(笑)
.
しかし、こうやって
長い年月をへて、
大切な人たちの創造の時間と共にできることに本当に感謝しています
.
.
さて、そろそろと、外への出て行き方を思い出して動いていこうと思っていますよ!
.
.
今月もどうぞよろしくおねがいします
Share on Facebook