鹿さんのもの。

発酵して乾燥して。

草がいっぱい詰まってる。

藍のすくも作った時に似ている。

じーっと、よくよくみつめてしまった。

分離されることのない自然の摂理の中の一部。

私たち人間もそう。

其の儘で。

ぐるりと土から生まれてきて、すべて土に還っていく。

水と空気と共に◯

自然と共に寄り添う暮らしってどんなことかと楽しんでいます。

やはり、こういうものに美しさを感じるんだよなぁ。

ノカンゾウ

ユキヤナギ

モクレン

冬が来て春が来る。

ひっそりと、静けさを吸収中◯

土からも、枝からも其の様子が伺えます。

Share on Facebook