高知徒然

 

ここに来て、時々おもう。

環境や地形が

何年も前に描いていた場所にすごく近いなって。

やってることもね。

人は、それぞれ出会いが重なって、ああそうやったんか。

って納得していくかんじ。

知ってた感覚、信頼して大切にしよう。

 

わたしの帽子とベストを着る。せん。

とても似合ってて、びっくりよ。

愛しい子。

暮らす村の秋祭り。

豊かに暮らせる事に感謝して。

こうやって、祭りに参加できる事ありがたく思う。

神楽。

かっこいい。

 

 

食べること。

意識する。

食べること、とても大切。

手を動かす作業が好きすぎて、まだ

もうすこし、食べることに自分なりに向き合っていくのにはゆっくりになりそう。

畑のこたちや、この土地の食べれるものをもっと知っていくことで、

料理をすることも楽しくなるのだろうな。

正直、まだ、感じきれてない。

”食べる”こと。

知らなさすぎて、わたしなりに可能性と楽しみを感じている。

もっともっと、知っていきたいなぁ!

感じていきたいなぁ!

リズムを整えている最中。

そんな中、身近にあるものでからだのなかを整えたいと思い、でてきたのが松葉ジュース。

毎朝、のんでいます。

ひとつひとつの、存在が強くて、濃厚。

それは、すべてにおいて言えること。

 

自分のリズムとあっている四万十に導かれて本当によかった。

 

 

Share on Facebook