柚子と渋柿がたわわです。


[ばあちゃんに教わった渋柿の剥き方]

▶︎Tに枝落とす

▶︎ヘタのペラペラした部分を取り、上の部分だけ包丁で剥く

▶︎縦にピーラーで剥く

▶︎残った皮は乾かしてお漬物の風味付けに 

——————————————
りんごの皮を剥くように今までは剥いていたけどとても効率よい。

先人の知恵ですね。

300個くらい吊るしました。

こちらは、柚子果汁

何個分絞ったかな。

小さな瓶は、皮を四万十産のはちみつ漬けに。

色の薄い方が、剥いてすぐに漬けた。

濃い方は、2日ほど天日干しした皮を漬けた。

青唐辛子がなかったので、山椒の葉と皮でペースト。

残りの皮は乾燥させてそのままと、

パウダーに。

残りの実の部分は、あく抜きして切ってこちらも天日干し中。
あく抜きしないままだと苦味の主張が強すぎて、てんてこまい。
さて、なにに変わるでしょうか。
この1週間、

柿と柚子のことばかり。
そのままを生かすことに向き合う。
みなさま、いろいろ教えて◯

Share on Facebook