しろ・いと
何年も何年も

ぐるぐると

絡まり

引いては切るを

繰り返した

いと
ばあちゃんが

いつものように

たずねてきてくれて

お茶をしながら、

おしゃべりしつつ

いとを解き始めると

ばあちゃんも手伝ってくれて

2人で、だんまり

するすると解けてく
どちらかが

引きすぎることもなく、

穏やかに

ばあちゃんとは、感覚で繋がっているのだなぁ。

言葉を越えた感覚で語らう

みえない

なにか

絡まりも解けたきがする

美しい日常

Share on Facebook