月経のことと、布ナプキンのこと。

身体に向き合う。

7月、8月の食事と時間のこと。

とくに、ストイックに食事制限!とか思ってしていたわけではなくて、

調子いいリズムがこんな感じだった。

という記録。

——–

だいたい5:00 起床>瞑想>植物たちに挨拶

朝食は、珈琲か柑橘もぐもぐ。

だいたいお腹がすくのが15:00ごろ。

昼食は、サラダやスープのお野菜たっぷり。

夕食は、あまりお腹がすかず、スムージーのんだり、お茶。とか、だったかな。

みんなで食べる時は、ごはんも美味しくいただく○

だいたい22:00 就寝(眠くなる)

おひさまの出てる間は、身体を動かして汗をかく。

陽が沈んだら、縫いものをする。

だいたいこんな感じの日々。

月経がはじまる1週間ほど前に体温が上がる感覚を、先月くらいから感じれるようになった。

今までは、正直わかってなかったかも。

今回は、ちょうどその頃、無性に食べたくなって結構もぐもぐいろいろ食べた。

なので、月経来たときしんどいかな。と、思いきや

今までで一番といっていいほど、経血の量も少なく、腰痛(生理痛?)のようなものも

ほぼなかった。

食べる事ってやはり大切ね。

太陽と共に暮らしのリズムがあるという事もね。

 

***

布ナプキンのこと。

おさかなのかたちをした布ナプキン。

少し、改良してみました。

布ナプキンも、何枚も何枚もなくてもいいかも。

と思い(月経血コントロールできてる人たちは枚数、少ないよね。)

大きいサイズのみにして、そこに布を挟めるような形にしました。

もちろん、中身はそのままなのでナプキンだけで使う事もできます。

生成りのリネンで作ってみました。

お肌にあたる部分はCONTINUUMのorganic cottonで。

中身:organic cottonのタオル地2枚、着物の裏地3枚

挟む布を取り替える。

そしたら、私は2枚でいいかんじ。

何枚も、たくさん作るの大変だものね。

使う時は、しっぽの部分を内側に入れ込みます。

畳んだ状態。反対側から。

(20cm×8cm)

収納する時は、このような感じでちいさく畳んでコンパクトになります。

付録に型紙もつきますので、おうちで同じように作ってもらえたら嬉しいです。

 

 

そして、今回、online storeで販売開始しようと思っています。

onlineといっても、オーダーもらってから製作するので

ゆっくり、1ヶ月以内にお届けといった形になります。

こどもたちとも、かわいい形やね。ってわくわくしながら

作っていく機会増えたらいいな。

もちろん、大人もね。

work shopも開催募集中ですので、きになる方はご連絡ください。

うみでおよぐさかなのように

おおきなおおきなうみのなか
いきいきと
のびのびと
おだやかにおよぐ

だいちの上に
裸足であるきまわるわたしたち

わたしたちのからだのなかに
だいちとうみはつながっていて
ぐるりとおおきな円を描く

縦にも横にも
ぐるりとおおきな円を描く



「捨てる」▶︎「還す」という考え、そして、想い。
おさかなの形をしています。
ボタンがなく、布だけでできています。
生理がくるって、命をつなぐ準備ができてるってこと。
それは、とってもうれしくて、すばらしいこと。

「うみでおよぐさかなのように」

布ナプキンのこと、言葉にしようと思って出てきた言葉です。

ゆっくりとゆったりと、おだやかになめらかに。

 

Share on Facebook